闇金業者の対策と注意点

闇金の対策として始めることは、法律事務所に行って相談することです。法律事務所に行くことを躊躇する場合には、無料の電話相談もあるのでそちらを利用することをお勧めします。

 

絶対に行ってはいけないのは、一人で抱え込んで闇金業者と戦ってしまうことです。闇金業者の事務所に行っても、さらにお金を脅し取ろうとしたり、今働いている会社に電話をかけて脅す手口が多いからです。

 

また、年利20パーセント以上の法外な利息をかけているにもかかわらず、自分たちが行っていることを正当化するだけなので一人で事務所に行っても意味がありません。そのため法律の専門家である弁護士事務所に行くのが有効なのです。初めにコールセンターや事務所の電話番号に電話をかけて、弁護士と相談する日付を決めることから始まります。

 

後日弁護士事務所へ行って、現在借りている闇金業者の話や法外な利息のこと、現在持っている書類をまとめるなどして、今後の対策を話し合います。闇金業者と依頼者が直接顔合わせをして対決することはなく、主に弁護士が闇金業者へ書類の通知や電話をかけるなどするので安心して利用することができます。多くのことがスムーズにいくので、そこまで時間はかからないと思います。

 

闇金業者の手口はとても広く、甘い言葉でのチラシの宣伝や電話での勧誘、インターネットでの広告などいたるところで見かけるので注意が必要です。最初は甘い勧誘から始まり、実際は法外な利息を要求するので、お金を借りる時はできる限り家族に頼ることが良いです。