電話確認なしでお金を借りる方法

キャッシングの審査時に行われる勤務先への在籍確認。ちゃんと勤めているけれど、勤務先に気付かれてしまう危険を考えると連絡しないで欲しいというのが正直なところ。

 

在籍確認せずにお金を借りることはできないの? そうお悩みの方に「できる」とお答えしたいところですが、実際は「できる可能性がある」というのが正確な答えでしょう。

 

一般的なローン会社では、原則、在籍確認が必須です。これは、貸金業法で返済能力のない顧客への融資を禁じられているからです。そのため、勤務状況の確認自体は審査から外すことはできません。在籍確認とは「○○と申しますが××さんはいらっしゃいますか?」と勤務先へ電話を架けて、そんな社員はいない、もう辞めた、等の返答がないか調査する作業なのです。在籍確認を避けたい場合、電話以外の方法で勤務している事実を証明しなければなりません。

 

重要なのは2つの行動をとれるか否かです。まず1つ目は、書類の提出で在籍確認の代わりにしてくれるよう、ローン会社の同意を取り付けること。電話されると困る事情を真摯に説明しましょう。自分が勤めていると言っているのに信じないのか、などと感情的に声を荒げても心証を悪くするだけです。筋の通った内容であった場合、納得してくれる可能性は高いです。

 

そして2つ目は、客観的に勤務していると判断できる書類を提示できるかどうかです。会社名が入った保険証、社員証、源泉徴収票、給与明細など、ローン会社から在籍確認の代わりとして求められた証明書類を提示しましょう。
ローン会社の同意を得て必要書類が提示できれば、電話での確認無しでも融資を受けることは十分可能です。