ファクタリングをするならメリットとデメリットを両方把握しよう

何かで稼ごうとしても肝心の初期費用がなければそれはできませんよね。そしてそれがない場合、なくなってきた場合に頼ることができるのがファクタリングです。少し不安だなと感じることもあると思いますが、ここではメリットとデメリット、両方をご紹介するので、そのどちらもよく見比べて自分に合っているかを検討してみてください。

まずファクタリングのメリットですが、大きいのは即日資金調達ができるという点ですね。最短なら、ということなので会社によっては時間がかかってしまいますが、選べばすぐに仕事が始められるという点は大変魅力的です。また、何かしらローンを組んだ経験があり、たとえそれに落ちたという方でも利用可能という点も大きいです。

例えば銀行からしてみたら、ローン審査に通らなかったら貸したお金を返してもらえないのではというリスクが伴うため、かなり厳しいところもあります。しかし、ファクタリングの審査は売掛先を審査するため心配しなくても大丈夫です。

では、気を付けなければならないファクタリングのデメリットも見ていきましょう。中には個人で事業を成功させたいと思う方もいると思いますが、実はファクタリングは個人事業主は使用することができません。原則として売掛債権の譲渡登記ができる法人しか利用できないので、ここでファクタリングを諦めざるを得ないという方も出てきてしまうでしょう。

また、メリットではローン審査で落ちても利用できると書きましたが、デメリットの面ではそのような一般的なローンより手数料が高いということは要注意ポイントです。
これらのメリット・デメリットをよく調べて考えてみましょう。