お金が借りられる環境の作り方

カードローンの審査に落ちてしまう理由は様々です。

かつて自己破産をした経験があるとか、現在多重債務者であるとか、はたまたクレジットカードを作成したのに殆ど利用しておらずクレジットヒストリーに問題があるというケースもあります。

 

カードローンサービスを提供している消費者金融会社に問い合わせても、落とされた理由を説明してもらえることはありませんが、お金が借りられる環境づくりから始めることが大切です。

 

まず、多重債務の状態であるというのは銀行や消費者金融会社が利用している信用情報機関によって判明してしまいます。

そこで債務を一社に一本化しておくことで、多重債務を解消するとともに返済日を一度にまとめられ、返済計画が立てやすくなります。

 

銀行などで「おまとめローン」というサービスを提供しているケースがありますので、最後の可能性をかけて審査に申込みを行い一本化できたら新たに貸してもらえる金融会社を探します。

その際に仕事に就いていることが大きな条件になりますので仕事先を探してからお金を借りる手続をした方が良いです。

 

また大手の銀行消費者金融会社では審査が厳しくても、中小規模の会社であれば審査が甘いことがあります。

同じように条件を厳しくしていたのでは顧客獲得ができないため、審査が甘めになっていることがあるのです。

 

ただし、数打てば当たるという形で次々と申し込んだのではその経歴も残ってしまいますので、公式サイトから匿名で簡易的な審査が受けられる会社を探し、少しでもお金を借りられる可能性を高めていくことが大切です。