借金を減らす債務整理って何?

借金をコツコツ返済しているのに、なかなか減らないというケースがあります。そうしたときには債務整理を利用すると良いでしょう。

債務整理の方法には種類がありますが、借金をコツコツ返済しているのであれば、「過払い金請求」や「任意整理」といった方法の利用が適しているのではないかと思います。

 

過払い金請求とは、払い過ぎた利息を返してもらうことです。

2010年の法改正以前の借金の場合、出資法による上限利息と利息制限法による上限利息に差があり、グレーゾーン金利が存在しました。そのため、多くの利用者が払わなくてよい利息を払っていました。

この過払い金を返してもらえば、現在の借金返済にあてることができ、多少楽になるでしょう。

 

ある程度の借金が残っているなら、過払い金請求より、任意整理が適しているかもしれません。

任意整理とは、借入先と話し合いをして、これから払う借金の額を減らすことです。

 

まず、払い過ぎていた利息を計算し、その額を引いて借金を減らします。

加えて任意整理では、将来の利息をカットして元本のみを返済するという約束に、多くが落ち着きます。

信用情報機関のブラックリストに載るデメリットはありますが、財産を手放したり、裁判所の手続きが必要であったりはしません。

 

任意整理でも借金の返済が苦しい場合には、「民事再生」や「自己破産」といった方法があります。

以上のような債務整理は、自分一人で行うのは難しいので、弁護士や司法書士の方にお願いすると助かるでしょう。

クレジット現金化サービスBEST3

クレジットカード現金化サービスBEST3

屋号 サンライフギフト クレカ堂 ゴールドラッシュ
PR サンライフギフト クレカ堂 ゴールドラッシュ
換金率 good1万以上で87% 不用品を買取(最大95%) verygood88%以上(交渉可)
振込時間 最短20分 19時迄即日振込(最短5分) 最短5分
土日対応 年中無休24時間対応 365日24時間受付 年中無休24時間受付
お得度 4review_4 4review_4 5review_5
詳細

個人間でお金の貸し借りをする掲示板は安全なのか?

この記事はカードローンを組む為の審査に落ちた場合の対処方法について書かれております。

 

まず、カードローンに落ちたからといって、いきなり闇金まがいの処に申し込みを行うことは避けて下さい。

こういった処は審査なしで即援助を謳い文句に、何か高額なものを買わせたりとする場合が多く、担当者も次から次へと代わり、やはり借りることを辞めようとするあなたを、ヤクザまがいな方法で脅しに掛かることがあるからです。

 

こういった危険は元から最終手段として入れ込まずに、例えばインターネット上には個人間でお金の貸し借りをする為の掲示板があります。

 

勿論、お金を借りるかたは住所と電話番号に加えて、どういった使途でそのお金が必要なのかを明らかにしなければならず、お金を貸す側が闇金まがいな人である可能性もありますが、それでも、上なる方法よりは圧倒的に安全です。

 

その理由は、何かあった場合にはまずは掲示板サイトの管理者さんが警察に届けてくれる、若しくは警察が調べるからです。

貸す側も借りる側もおかしなことをしようものならばそのサイトを利用出来なくなるばかりか、直ぐに捕まる可能性があるからです。

そういったことは両者ともに避けたいはずですので、必然と怖い人も少なくなります。

 

但し、あなたを掲示板の外、つまり現実の社会だけでのやり取りに言葉巧みに誘導して来るかたには注意が必要です。

理由は、証拠が残り辛いからです。

と、このように、カードローンを組む為の審査に落ちてもまだ何とかなる場合があります。

クレジットカードを使って融資を受ける仕組みとは

多重債務者になってしまうと、なにがまずいかといえば、すでに返せない状態に陥っている、とみなされる可能性が高いという点です。

ということで、借入先を減らす、という方法が一つの方法です。

 

借入先を一本化していれば、もう一件くらい借入先を増やしても、こちらがきちんとした計画を提示できれば、許容してもらえる可能性がでてきます。

 

ですが、もっと短期的に、手っ取り早く今だけ借りたい、今借りられなければ意味が無いという場合もあります。
そういうとき、クレジットをカードを使う方法があります。

 

もちろんキャッシングはできません。しかし、買い物ができるなら方法があります。
クレジットカードの現金化です。

専門の業者に依頼します。
あなたは、業者の言うとおりに、仮に、あなたにとってはどうでもいい買い物をします。

そして業者がその商品を買い取るのです。

 

結果的には、あなたの手元には現金が残ることになります。

こうした方法の現金化です。

 

あなたが返済をする相手はカード会社であり、途中に入った業者はあくまで仲介しただけで、仲介料は、現金化の途中に払うことになるので、審査もありません。

 

まさに、最後の手段という方法ですが、全くできることがないという状態と、やろうと思えばできることがある、という状況はまるで違います。

 

検索すればいくつか業者は見つかりますから、その中であなたの希望に沿った形になるような相手を探すといいでしょう。

多重債務者は中小カードローンに注目です

すでに借り入れがある場合には、カードローンの審査に通らない可能性があります。

特に複数の会社から借り入れている場合は多重債務者と判断されてしまい、より審査に通る確率は低くなると思われます。

しかし、ここで諦める必要はありません。方法は残されています。

 

カードローンやキャッシングを展開している会社は、大小合わせて相当な数があります。

もちろん集客力があるのは大手や準大手です。

 

中小のややマイナーな会社は宣伝力が乏しいため、普通にサービスを展開していては決して勝てないのです。
ではどうしているのかと言いますと、例えば大手や準大手の審査に落ちた人を顧客として考えている側面があるのです。

 

多重債務者が必ず返済不能になるとは限りませんし、キチンとした収入があれば、審査に通る場合もあるのです。
ですから、もし多重債務が原因で大手や準大手の会社のカードローンの審査に落ちてしまったのなら、すぐにでも中小のややマイナーな会社に申し込んでみて下さい。

 

また中小の会社は横並びではなく、独自の審査基準を設けている場合があります。

各社によって、判定基準が違っていることがあるのです。

 

大手や準大手では、一つの会社の審査に落ちてしまったら他の会社でも落ちる可能性が高いです。

しかし、中小の場合は違います。

 

ある会社の審査に落ちても、別の会社ではあっさり通ることも良くあります。

会社は無数と言って良いほど存在しますから、どんどん申し込んでいきましょう。

6~9社での借り入れOKの融資先とは!

多重債務者がお金を借りる場合、もっとも簡単なのはおまとめローンです。
おまとめローンは、その名前のとおり複数の借金を一まとめにする為のものですので、多重債務者向けのローンと言っても良いかもしれません。

 

おまとめローン 4~6社まで

 

おまとめローン、もしくはそれに相当するローンは、複数の金融業者が取り扱っています。
どの業者で借りるか、選び方としては借り入れ最高額を目安に選ぶと良いと思います。

 

この借り入れ最高額が、自分の借り入れしている複数の業者の借入額の総額以下だと、審査に落ちる事が多い(必ず落ちるわけではないようです)ので、自分の借金の総額以上の借入額が借り入れ最高額の業者を選ぶと良いと思います。

 

その他の選ぶポイントとしては、インターネットの書き込みを注意深く見て、借り入れ会社の数による制限が比較的あまい業者を見つける事。

4社から借り入れしている人はOK、6社まで大丈夫とか、各金融業者でかなり違いがあるようですので、審査に落ちない為にはこの情報を参考に選ぶのが良いと思います。

 

中小キャッシング 9社まで

 

おまとめローンも審査が通らないという場合は、独自の審査基準を設けた金融業者での借り入れという方法もあります。

「多重債務」「ブラック」「借り入れ」などの言葉でインターネット検索すると見つける事が出来ます。

 

私が見つけたところでは、9社での借り入れまでOKというところがありました。
ですが、これらの金融業者は「大手」ではありません。

 

借り入れには十分な注意が必要です。
インターネットの口コミだけではなく、自分で出来るだけの情報を探し、問題ないと判断した場合のみ借り入れするようにして下さい。

臨時特例つなぎ資金貸付制度で10万円が借りれる

カードローンが落ちた場合の最終的な手段についてかきたいと思います。

本当に困ってカードローンにもとおらず、生活資金がないというときには福祉に頼るのが最終手段だと思います。

 

臨時特例つなぎ資金貸付制度」というのがあります。

これは、10万円が限度ですが、無利息でしかも、役所などではいつも求められる連帯保証人が必要ないのが特徴です。

 

しかし条件が、失業保険を受けるまでの期間や公的貸付制度を受ける事が決定している人だけです。

この条件に当てはまらない場合は、公的貸付制度を利用しましょう。

 

緊急小口資金貸付」というのがこれも10万円までですが借りる事ができますので自分の住民票の住所がある市町村へ相談に行きましょう。

電話で市町村の福祉課に問い合わせて、こういう状態で困っていますという事を言えば、印鑑と運転免許証など必要なものを指示してくれますので、電話してから行けば2度でまになる事を防げると思います。

 

しかし、これらの融資は無利息ではありますが、3ヵ月後から返済が始まりますのでこれを最後の借金と思って3ヶ月以内にきちんとした安定した仕事を見つけないと、カードローン会社からも追いかけられ、行政からも追いかけられるという事になるのでこの借入金だけはきちんと返すようにしないといけないと思います。

 

この公的融資は、1回使えば記録が残り踏み倒す事が実質無理なので、本当に最終手段として使わないととんでもない事になると思います。

信用情報データが消える期間とは

「どうしてもお金が欲しい!」とお金に困っていてカードローンを新しく作りたい人は多いと思います。

 

しかし、既に他の複数の会社からもお金を借りていることが審査で分かってしまい、落とされたをいう経験をお持ちの方もいると思います。

 

本来はまず、他の会社のカードローンをしっかり返済してから借りるのが筋というものですがそうも行かない場合だってあると思います。
では、そんな人がお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

注目すべきは過去に借りている金融機関です。
各金融機関には信用情報機関が繋がっています。

 

消費者金融は「全国信用情報センター連合会」、信販系会社は「株式会社シー・アイ・シー」、銀行系は「全国銀行協会」 と言った具合です。

 

なので、もし借入が信販系のみならば銀行系、銀行系なら消費者金融系の会社で借入をすれば多重債務者である人でも別の信用情報機関の系統の金融機関であるなら情報がそこまで伝わっていない可能性があるので審査に通りやすいです。

 

また、急用でなければある程度待ってから申し込むというのも一つの方法です。

例えば、全情連は申込みをした事実は3ヶ月間(1ヶ月間)、客観的な取引事実は5年間、
事故・異動・延滞の事実は発生日より5年間、延滞解消は1年間、官報(破産・整理等)は10年間データが保存されています。

 

なので、これらの信用データが消えるタイミングを見計らって申請をすれば審査に通る可能性が高いです。

多重債務でも借りられる可能性のある方法

多重債務が原因でカードローンの審査に落ちてしまっている方の場合、次に取れる手段は限られてきます。

 

まず考えられるのは、現在融資を受けているカードローン会社に融資枠の拡大を申し入れてみる方法です。

これまでのカードローン利用状況が良好で、返済能力も備わっていると判断されれば融資枠を拡大してもらい、追加融資を受けられる可能性はあります。

 

しかし多重債務を抱えていると融資枠の拡大も断られてしまう可能性も否定できないので、まずは各社に相談して返答を待ちましょう。

 

他には、多重債務者への融資を積極的に行っているカードローン会社に申し込むことです。インターネット等で調べてみると、多重債務者でも融資が受けられるカードローン会社がいくつか存在することが分かります。

もちろん審査結果は確約できませんが、一般的なカードローン会社に比べると審査基準が甘いのは確かです。

 

中小のカードローン会社は比較的多重債務者でも審査に通過しやすい傾向があるので、そうした会社に申し込みをしてみましょう。

 

金融機関のおまとめローンを利用することで、新たにカードローンの利用が可能になる場合もあります。

何件かの借り入れをおまとめローンでまとめると、借り入れ件数が減ることになります。

 

その為新たなカードローンの審査にも通過できる可能性が出てくるのです。

借入総額が変わるわけではないので絶対に借りられるとは言い切れませんが、手段の一つとして知っておくと良いでしょう。

お金が借りられる環境の作り方

カードローンの審査に落ちてしまう理由は様々です。

かつて自己破産をした経験があるとか、現在多重債務者であるとか、はたまたクレジットカードを作成したのに殆ど利用しておらずクレジットヒストリーに問題があるというケースもあります。

 

カードローンサービスを提供している消費者金融会社に問い合わせても、落とされた理由を説明してもらえることはありませんが、お金が借りられる環境づくりから始めることが大切です。

 

まず、多重債務の状態であるというのは銀行や消費者金融会社が利用している信用情報機関によって判明してしまいます。

そこで債務を一社に一本化しておくことで、多重債務を解消するとともに返済日を一度にまとめられ、返済計画が立てやすくなります。

 

銀行などで「おまとめローン」というサービスを提供しているケースがありますので、最後の可能性をかけて審査に申込みを行い一本化できたら新たに貸してもらえる金融会社を探します。

その際に仕事に就いていることが大きな条件になりますので仕事先を探してからお金を借りる手続をした方が良いです。

 

また大手の銀行消費者金融会社では審査が厳しくても、中小規模の会社であれば審査が甘いことがあります。

同じように条件を厳しくしていたのでは顧客獲得ができないため、審査が甘めになっていることがあるのです。

 

ただし、数打てば当たるという形で次々と申し込んだのではその経歴も残ってしまいますので、公式サイトから匿名で簡易的な審査が受けられる会社を探し、少しでもお金を借りられる可能性を高めていくことが大切です。