信用情報データが消える期間とは

「どうしてもお金が欲しい!」とお金に困っていてカードローンを新しく作りたい人は多いと思います。

 

しかし、既に他の複数の会社からもお金を借りていることが審査で分かってしまい、落とされたをいう経験をお持ちの方もいると思います。

 

本来はまず、他の会社のカードローンをしっかり返済してから借りるのが筋というものですがそうも行かない場合だってあると思います。
では、そんな人がお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

注目すべきは過去に借りている金融機関です。
各金融機関には信用情報機関が繋がっています。

 

消費者金融は「全国信用情報センター連合会」、信販系会社は「株式会社シー・アイ・シー」、銀行系は「全国銀行協会」 と言った具合です。

 

なので、もし借入が信販系のみならば銀行系、銀行系なら消費者金融系の会社で借入をすれば多重債務者である人でも別の信用情報機関の系統の金融機関であるなら情報がそこまで伝わっていない可能性があるので審査に通りやすいです。

 

また、急用でなければある程度待ってから申し込むというのも一つの方法です。

例えば、全情連は申込みをした事実は3ヶ月間(1ヶ月間)、客観的な取引事実は5年間、
事故・異動・延滞の事実は発生日より5年間、延滞解消は1年間、官報(破産・整理等)は10年間データが保存されています。

 

なので、これらの信用データが消えるタイミングを見計らって申請をすれば審査に通る可能性が高いです。